新築マンション購入のネック

マンション購入をする場合、特に新築マンションを購入する場合の最大のネックは実物を見ることができないことである。通常、マンション販売会社は、マンションの建設地の近くに簡易的なモデルルームを作って、そこで部屋の内部を再現して、来場者に営業活動をかけるスタイルをとるところが多いである。

マンションを購入して、完成したマンションを見に行ってみたところ、予想していたのと違う印象を持つ人が多いのではないでしょうか?例えばチラシを見て、良さそうだなと思って、マンションを見に行ってみると、チラシでイメージしていたものよりも随分違うなという経験をした人も多いと思う。

実は物体を平面で見たときと、立体で見たときとでは、受ける印象が全然違う。さらに言うと、壁紙を貼る前で感じる部屋の広さと、壁紙を貼った後で感じる部屋の広さは、全くといっていいほど違う。モデルルームはあくまでモデルルームである。プロがいかに空間を広く見せるかを考えて作っていますので、購入後の印象と違うのは当然かもしれない。

新築マンションを購入するときに問題なのは、モデルルームはあるが、出来上がったマンションがないことである。そこが一番の問題となる。モデルルームを見て良かったからといって、即決するのだけはやめたほうがいいであろう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。