新築マンションと中古マンション

マンション購入を考えるときに新築マンションばかりを候補に入れてはいませんか?マンションは新築だけではない。むしろ中古マンションのほうが購入しやすいこともある。中古は嫌だという人もいるかもしれないが、きちんとリフォームがされていれば、新築同様の部屋に住むことも可能である。

中古マンションを購入するときのメリットはいくつかある。一つは新築マンションに比べると、中古マンションのほうが同規模の広さで考えて、購入資金が低く抑えられることである。同じ3LDKでも、中古マンションのほうが新築マンションよりもより安く購入できる。

マンション購入で中古マンションを選択するメリットとしては、実物を見て選ぶことが出来ることである。新築マンションでは実物を見ることが出来ないので、モデルルームなどで判断をしないといけませんでしたが、中古マンションの場合は、実際にその場に行って実物を見ることが出来ますし、部屋の中も確認することができる。予想と違っていたということがない分、リスクが少ないかもしれない。

マンション購入を検討するときに、中古マンションも選択肢に入れておくと、意外と穴場のマンションを見つけることができる場合がある。例えば、都心から近いところにありながら、周辺のマンションよりもかなり格安で購入できるマンションが見つかるかもしれない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。