中古マンションのメリット・デメリット

マンション購入で中古マンションを選んだ場合、良い面がいくつかある。それは周辺の住環境がすでに整っているということである。新築マンションだと、かに初が始まったばかりで、意外に周辺の環境が整ってないことがある。例えば、スーパーが遠かったり、小学校が遠い、病院が遠いなどである。こにようなことは、時間が経つにつれて解消できる問題かもしれないが、新築マンションではこのような場合もある。

マンション購入で中古マンションを選んだ場合、すでに建築されて年数が経っていたり、他にも住宅やマンションが立ち並んでいるときには、すでに住環境が整備されているのが普通である。スーパーや病院、小学校や中学校などはもちろん近くにあるでしょうし、公共交通機関も、駅から遠い地域だとしても、バスが走るようになって、それほど不便ではなくなっていることが多いである。

ただし中古マンションでも良いことばかりではない。例えばすでにコミュニティができあがっており、出来ているコミュ二ティに入り込むことは、多少なりとも勇気が必要かもしれない。マンションの管理組合や自治体の活動などにも積極的に行かないと、近所づきあいも上手くいかなくなる可能性がある。

近所付き合いの煩わしさから解放されたいとの思いで、マンションを購入する人もいるようだが、マンションでもマンション内での協力が大切になるときがある。一生住み続ける地域ですから、きちんとしたマンション内での付き合いはしておいたほうがいいであろう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。