中古マンションのリノベーション

中古マンションを購入するときに、どうしても心配になってくるのが老朽化である。築10年ぐらいならあまり心配することはないと思うが、築20年以上経っているマンションは、見た目にくたびれている感じがする。築20年以上の物件では建物そのものの価値はそれほどないので、非常に安く購入できると思う。

中古マンションの老朽化が気になるけど、立地条件や周辺環境などがとても気に入っている場合は、やはり購入を検討したいものだ。それでも老朽化による耐震性や、設備の古さなどが気になることがあると思う。そこで登場した言葉が「リノベーション」という言葉である。

リノベーションは、既存の建物の改修工事を大規模に行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることをいう。例えば和室つきの3LDKの部屋を若い夫婦が住むのにふさわしい感じにリノベーションすると、一切仕切りがないオープンなスペースの部屋にすることも出来ます。

マンション購入を考える場合、少し古くても、リノベーションをすることを前提にして、中古マンションを探してみると、意外に物件を探すことが容易になり、しかも穴場の物件がたくさん見つかる。中古マンションのリノベーションは新築マンションを購入するよりも安くすむことが多いので、一度検討してみてはいかがであろうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。