デザイナーズマンション

マンション購入をする際に、一度は住んでみたいなと思うのが「デザイナーズマンション」である。「デザイナーズマンション」という言葉のもつイメージは、かっこいい、おしゃれなマンションといったところであろうか。非常に斬新で洗練されたマンションというイメージを持つと思う。

「デザイナーズマンション」の定義は、きちんとしたものが無いようだが、一般的には有名な建築士が独自のオリジナリティを出して建築したマンションのことを指すようである。良く見るものとしては、コンクリートの打ちっぱなしだったり、キッチンがリビングの中央にあったりというものである。

デザイナーズマンションは現在、分譲マンションよりも賃貸マンションで多くを占めているようである。都心のタワーマンションを建築家にデザインをしてもらって、タワーマンションでありながら、デザイン面にもこだわっているという、そういったマンションが増えてきている。

マンション購入でデザイナーズマンションを考えている人は、ある程度資金に余裕がある方だと思う。デザイナーズマンションはデザインだけではなく、耐震面でもプロの建築家らしく、きちんとしているものがほとんどである。一度参考程度でも見に行くのがいいと思う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。